デンタルローン審査甘い

\低金利なデンタルローンなら/

トップページ

急な治療で出費がかさむ…
子供の歯列矯正が高額…
受けたい治療が高い…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、月々の治療費のお支払いが楽になるデンタルローンを3社ご紹介しています。

そもそもデンタルローンとは?

デンタルローンとは、利用目的を「歯科治療費」に限定したローンのことです。

インプラントや歯列矯正、審美治療など、高額だからと諦めていた歯科治療が月々少ないお支払いで受けられるようになります。

いくつかデンタルローンがある中でも、
スルガ銀行のデンタルローン
は低金利なのでおすすめです。

デンタルローンの審査はどう?厳しい?

デンタルローンを取り扱っているローン会社は様々ありますが、基本的に審査は一般的なローン審査と同じくらいの難易度なようです。

20歳以上で安定した収入がある方であれば、パートやアルバイト勤務の方でも申込み可能なデンタルローンもあります。

ただし、一般的なローンと同様に低金利なデンタルローンほど審査が厳しい傾向にあるかもしれません。

デンタルローン審査に通るかどうか気になる方は、ローン会社の公式サイトにて事前審査等を行なっていることが多いので、一度事前審査を行なってみることをおすすめします。

歯科治療費におすすめの
\安心デンタルローンなら/

口座開設なしで借り入れOK
金利年7.0%~11.0%
限度額10万円~800万円まで
返済回数6回以上120回以内
使いみちインプラント、歯列矯正、審美歯科治療などの歯科治療費全般
  • 本人・ご家族の治療費もOK!
  • 事前に審査が可能!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • スルガ銀行の口座開設は不要!
  • パート・アルバイトも借りれる!

【申込みいただける方】
年齢が20歳~65歳以上で完済時の年齢が70歳以下の方、かつ安定した収入のある方。

【必要書類】

  • 本人確認資料
    (運転免許証など)
  • 治療の費用が確認できる資料
    (お見積書・治療計画書など)

※50万円を超えるお申込みの場合には、収入確認資料の提出が必要。

ネット申込ならWEB完結OK
金利年2.5%~18.0%
限度額10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間
使いみち自由
  • 初回借入なら30日間無利息!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • カード不要で郵送物なし!
  • いつでも普通預金に即入金!
  • 残高不足サポート機能あり!

【申込みいただける方】
お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方で、お仕事をされていて安定した収入のある方。

【必要書類】

  • 運転免許証のコピー
  • 個人番号(マイナンバー)カードのコピー
  • パスポートのコピー
  • 各種健康保険証のコピー
  • 住民基本台帳カードのコピー
  • 印鑑証明書(原本)
  • 住民票の写し(原本)
  • 各種年金手帳のコピー+補助資料(原本)
  • 身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料(原本)

※上記のうちいずれか1点を提出します。

低金利&楽天ポイントがもらえる
金利年1.9%~14.5%
限度額10万円~800万円
返済回数6回以上120回以内
使いみち自由
  • 本人・ご家族の治療費もOK!
  • 事前に審査が可能!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • 銀行口座の開設不要!
  • パート・アルバイトも借りれる!

【申込みいただける方】
満年齢20歳以上62歳以下の方、お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

※パート・アルバイトの方、専業主婦の方は60歳以下に限る

【必要書類】
本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • その他当行が指定する本人確認書類のいずれかの写し
  • 収入証明書類(お勤めの方)

収入証明書類

  • お勤めの方
    源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
  • 自営業の方
    課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

デンタルローン審査まとめ

デンタルローンは、使用目的が歯科治療に限定されているローンです。

低金利なデンタルローンを選ぶことで月々の支払いが楽になり、高額な治療を希望する場合にとても助かるローンとして注目を集めています。

スルガ銀行デンタルローンなら、パートやアルバイトの方でも申し込み可能となっているため、収入の少ない方でも金額を気にせず歯科治療を受けることが出来ます。

もちろんデンタルローン以外のカードローンでも、使用使途が自由となっているため、審査に通ればお金を借りることは可能となっています。

ご自分の希望する治療を高額な費用のため諦めているという方には、ぜひこちらでご紹介しているデンタルローンの利用をおすすめします。

デンタルローン審査に関するQ&A

こちらでは、デンタルローン審査が気になる方のために、スルガ銀行に関する質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

仮審査の申し込み前にあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

Q. デンタルローンと他のカードローンとの違いは何ですか?

A. 使い道自由なカードローンとは違い、デンタルローンは借入目的が歯科治療に限定されているのが大きな特徴です。

デンタルローンは、使用使途がはっきりとしているため低金利で借りれることが多く、返済回数も多いため支払いの負担が少ないというメリットもあります。

また、高額な歯科治療費に対応できるよう利用限度額が高めに設定されている点も、高額な歯科治療をされる方にとってはおすすめポイントとなっています。

Q. アルバイト勤務の私でも申し込みできるデンタルローンはありますか?アルバイトでもデンタルローン審査に通りますか?

A. はい、あります。

パート・アルバイトの方でも安定した収入がある方なら、申込可能なデンタルローンはあります。

中でもおすすめなのは、こちらでご紹介しているスルガ銀行デンタルローンです。

パート・アルバイトでも申し込めるのはもちろん、低金利で借りることができるため、毎月の収入が少ない方でも安心して利用することができます。

デンタルローン審査については、安定した収入がある方で過去に金融事故などを起こしていない方であれば、審査落ちの可能性は低いと思われます。

Q. デンタルローンの審査は甘いですか?厳しいですか?

A. デンタルローンの審査は通常のカードローン審査と同じように審査が行なわれます。

そのため、低金利なデンタルローンほど審査がやや厳しくなってしまうかもしれません。

ただし、デンタルローンは使用目的が歯科治療とはっきりしていること、過去に金融事故などを起こしていないなどローン会社の信用が得られること、これらが審査通過のポイントになってくると思われます。

デンタルローン審査の基礎知識コラム

突然お金が必要になったときには即日キャッシングが非常に便利で頼りになるのです。
申し込んだ当日にただちに借り入れが出来ますので非常に助かるのです。しかも土曜日曜でも関係なく無人契約機を利用することで契約が可能ですし、隣り合うATMで借り入れができます。例えば急な融資が必要になったり、まとまったお金が必要になることは誰にだって起こり得るでしょう。
そんな時、親類や知人を頼らずに、銀行に融資を申し込む方も多いと思います。

しかし、銀行融資を受けるには必要書類の準備や申し込み手続きを経て、審査に合格しなければいけません。
また、保証人を探す必要もありますから、融資の目的と返済計画を理解してもらえる相手を見付けなければなりませんので、銀行で借り入れるの際の大きなハードルになります。このような場合は、デンタルローンの利用を検討してみてください。個人でお金を借りることができるので利便性が高いです。


もし、返済日までにお金が用意できなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。
利用しているデンタルローン業者にもよりますが、一般的には遅延損害金を払うように求められます。
当然、罰則ですから通常の利息より高い利率になっているうえに、通常の利息を含んだ返済金と一緒に支払うため、想像以上に高額になるケースが多いです。
もし、一度きりならず何回も延滞を繰り返すようになると信用度が急落し、今後一切借りられなくなることはもちろん、会員資格をはく奪され、下手をすると、返済金を一括で支払うよう求められる可能性もありますから、延滞を繰り返すことは厳禁です。
デンタルローンと聞けば多くの方がカードローンと同じ意味合いだと思いがちですが、返済の方法が異なります。



一括返済をするという前提でクレジットカードで現金を引き出すのがデンタルローンで、分割払いが希望だという時はカードローンというのです。カードローンは月々の返済は容易ですが、利息がかかることを考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の場合には十分ご注意ください。

クレジットカードって限度額に達してさえいなければいくらでも使えますよね。調子よく使い続けていたら、いつの間にかかなりの金額になっていて、次月の支払額が大変なことになっていてカードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、それ以上お金を用意出来ず、深刻な事態に陥っていました。


そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。
元本だけでも相当な額になっていましたが、利息を加えると500万円を超えてしまい、本当に驚きましたが、定期預金を幾つか解約してまで出してくれたので、身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、人並みの暮らしを続けることが出来るようになりました。

両親を失望させることの無いよう、気を引き締めて生活していきます。
デンタルローンを利用したいけど仕組みが難しそうなので遠慮してしまっているという人は決して少なくはないでしょう。デンタルローンとは、借入目的が歯科治療に限定されているローンのことを言います。高額な治療を希望する方におすすめのローンになります。意外に仕組みは単純なので迷っているなら思い切って申し込んでみてはいかがでございましょうか?近年では、キャッシングも即日可能な業者がたくさんあるのでとってもオススメですよ。闇金の実態とそこからの借金については、どんな成り行きが待っているのか考えたことがありますか。テレビなど、マスコミの影響も多分にあると思いますが、いい印象などこれっぽっちもありません。
しかし、町のそこここの隅にひっそりと息づいている闇金業者がそのままあり続けている裏には闇金であることがわかっていても他に行き場のない利用者の増加が原因です。


一昔前と違い、お金はどんどん貸すものではなくなっていて、利息もずいぶん値上がりし融資の難易度は上がるばかりです。収入が安定高値で、堅実な職業に就いていてこその借り入れであって、そうでない人は融資への対応をしてもらえないようです。そこでいよいよ闇金の登場です。


ここで踏みとどまれるかどうかで、その後の人生は違ってきます。

こらえきれずに闇金業者のお金を使ってしまった途端、如何なる方法をもってしても抜け出すことは出来なくなってしまうでしょう。


後悔先に立たず。

そうならないよう、お金の貸し借りには気をつけたいものですね。キャッシングをしようと思った場合、それぞれの金融機関により金利の利率が違ってきます。あわせて、今現在借りたい金額によっても利率は異なってくるものです。出費が多く重なり、現金が急に必要になった場合、出来るだけお得な低利息を希望するなら、自分は本当にいくら必要なのかきちんと計算し、必要額を把握したうえで金融機関やサービスに関して口コミやネットのサイトなどから比較し、検討をすることが賢い方法ですし、おすすめです。返済日より早いうちに繰り上げ返済を行ことで、日数は短くなる、つまり、減った日数分だけ金利も減らせることができます。


さらに、規定より多く返済をすることで、早めに元金は減るので、その先にかかる金利も少なくできます。

返済日が来る前に余裕ができたならこの方法をうまく活かして、支払う額が少しでも減らせればいいですね。
年金受給者にキャッシングの資格があるのなら、生活保護受給者にもその資格があるのは当然だと思われがちですが、残念ながら生活保護を受けている方はパート・アルバイトでも借りれるデンタルローンで融資を受けることはできないでしょう。デンタルローンというのは、利用使途が歯科治療に限られているローンの事です。高額な治療を受けたい方におすすめのローンとなっています。一部の生活保護受給者は、キャッシングを利用したいがために嘘をついて申込することもありますが、キャッシングしていることが伝わってしまえば、生活保護がもらえなくなる可能性があります。
ケースワーカーのチェックが入る銀行口座の利用を避けるなどして隠す努力をしても、絶対に隠し通せるとは言い切れません。お金が必要なあまりに、生活保護でも審査なしで融資可能と謳っているような業者に手を出す人もいますが、このようなところは悪徳な金融機関や闇金なので、使ったが最後、人生が狂ってしまうでしょう。

デンタルローン審査に関するお役立ち情報

おすすめデンタルローン
\審査に申し込むなら/

今すぐ治療費を借りるなら