デンタルローン審査甘い

\低金利なデンタルローンなら/

トップページ

急な治療で出費がかさむ…
子供の歯列矯正が高額…
受けたい治療が高い…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、月々の治療費のお支払いが楽になるデンタルローンを3社ご紹介しています。

そもそもデンタルローンとは?

デンタルローンとは、利用目的を「歯科治療費」に限定したローンのことです。

インプラントや歯列矯正、審美治療など、高額だからと諦めていた歯科治療が月々少ないお支払いで受けられるようになります。

いくつかデンタルローンがある中でも、
スルガ銀行のデンタルローン
は低金利なのでおすすめです。

デンタルローンの審査はどう?厳しい?

デンタルローンを取り扱っているローン会社は様々ありますが、基本的に審査は一般的なローン審査と同じくらいの難易度なようです。

20歳以上で安定した収入がある方であれば、パートやアルバイト勤務の方でも申込み可能なデンタルローンもあります。

ただし、一般的なローンと同様に低金利なデンタルローンほど審査が厳しい傾向にあるかもしれません。

デンタルローン審査に通るかどうか気になる方は、ローン会社の公式サイトにて事前審査等を行なっていることが多いので、一度事前審査を行なってみることをおすすめします。

歯科治療費におすすめの
\安心デンタルローンなら/

口座開設なしで借り入れOK
金利年7.0%~11.0%
限度額10万円~800万円まで
返済回数6回以上120回以内
使いみちインプラント、歯列矯正、審美歯科治療などの歯科治療費全般
  • 本人・ご家族の治療費もOK!
  • 事前に審査が可能!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • スルガ銀行の口座開設は不要!
  • パート・アルバイトも借りれる!

【申込みいただける方】
年齢が20歳~65歳以上で完済時の年齢が70歳以下の方、かつ安定した収入のある方。

【必要書類】

  • 本人確認資料
    (運転免許証など)
  • 治療の費用が確認できる資料
    (お見積書・治療計画書など)

※50万円を超えるお申込みの場合には、収入確認資料の提出が必要。

ネット申込ならWEB完結OK
金利年2.5%~18.0%
限度額10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間
使いみち自由
  • 初回借入なら30日間無利息!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • カード不要で郵送物なし!
  • いつでも普通預金に即入金!
  • 残高不足サポート機能あり!

【申込みいただける方】
お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方で、お仕事をされていて安定した収入のある方。

【必要書類】

  • 運転免許証のコピー
  • 個人番号(マイナンバー)カードのコピー
  • パスポートのコピー
  • 各種健康保険証のコピー
  • 住民基本台帳カードのコピー
  • 印鑑証明書(原本)
  • 住民票の写し(原本)
  • 各種年金手帳のコピー+補助資料(原本)
  • 身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料(原本)

※上記のうちいずれか1点を提出します。

低金利&楽天ポイントがもらえる
金利年1.9%~14.5%
限度額10万円~800万円
返済回数6回以上120回以内
使いみち自由
  • 本人・ご家族の治療費もOK!
  • 事前に審査が可能!
  • 来店不要でWEB契約できる!
  • 銀行口座の開設不要!
  • パート・アルバイトも借りれる!

【申込みいただける方】
満年齢20歳以上62歳以下の方、お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

※パート・アルバイトの方、専業主婦の方は60歳以下に限る

【必要書類】
本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • その他当行が指定する本人確認書類のいずれかの写し
  • 収入証明書類(お勤めの方)

収入証明書類

  • お勤めの方
    源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
  • 自営業の方
    課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

デンタルローン審査まとめ

デンタルローンは、使用目的が歯科治療に限定されているローンです。

低金利なデンタルローンを選ぶことで月々の支払いが楽になり、高額な治療を希望する場合にとても助かるローンとして注目を集めています。

スルガ銀行デンタルローンなら、パートやアルバイトの方でも申し込み可能となっているため、収入の少ない方でも金額を気にせず歯科治療を受けることが出来ます。

もちろんデンタルローン以外のカードローンでも、使用使途が自由となっているため、審査に通ればお金を借りることは可能となっています。

ご自分の希望する治療を高額な費用のため諦めているという方には、ぜひこちらでご紹介しているデンタルローンの利用をおすすめします。

デンタルローン審査に関するQ&A

こちらでは、デンタルローン審査が気になる方のために、スルガ銀行に関する質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

仮審査の申し込み前にあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

Q. デンタルローンと他のカードローンとの違いは何ですか?

A. 使い道自由なカードローンとは違い、デンタルローンは借入目的が歯科治療に限定されているのが大きな特徴です。

デンタルローンは、使用使途がはっきりとしているため低金利で借りれることが多く、返済回数も多いため支払いの負担が少ないというメリットもあります。

また、高額な歯科治療費に対応できるよう利用限度額が高めに設定されている点も、高額な歯科治療をされる方にとってはおすすめポイントとなっています。

Q. アルバイト勤務の私でも申し込みできるデンタルローンはありますか?アルバイトでもデンタルローン審査に通りますか?

A. はい、あります。

パート・アルバイトの方でも安定した収入がある方なら、申込可能なデンタルローンはあります。

中でもおすすめなのは、こちらでご紹介しているスルガ銀行デンタルローンです。

パート・アルバイトでも申し込めるのはもちろん、低金利で借りることができるため、毎月の収入が少ない方でも安心して利用することができます。

デンタルローン審査については、安定した収入がある方で過去に金融事故などを起こしていない方であれば、審査落ちの可能性は低いと思われます。

Q. デンタルローンの審査は甘いですか?厳しいですか?

A. デンタルローンの審査は通常のカードローン審査と同じように審査が行なわれます。

そのため、低金利なデンタルローンほど審査がやや厳しくなってしまうかもしれません。

ただし、デンタルローンは使用目的が歯科治療とはっきりしていること、過去に金融事故などを起こしていないなどローン会社の信用が得られること、これらが審査通過のポイントになってくると思われます。

デンタルローン審査の基礎知識コラム

プロミスのキャッシングサービスには、24時間OKなネットに相談もできる電話や店頭窓口、さらにATMなどから自分の都合に合わせて手軽で便利に申請ができます。


また三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、インターネット会員サービスを利用した受付完了から10秒足らずの待ち時間なうえ、24時間いつでも振込手数料無料で振り込まれるという驚きのサービスを利用することで、より活用の幅が広がると思います。女性に優しい専用ダイヤルもあり、無利息期間があるというのも、プロミスで借りたいと思わせる要因と言えるでしょう。
残高不足でカードローンの返済ができなくても、翌週頃に再引き落としできるので次回から気をつければ大丈夫です。

しかし延滞すると、最初は電話での「確認とお願い」が来て、いずれカードが使えなくなり、会社から督促の手紙が自宅へと郵送されてくるはずです。
そこですべきことは、書面の通りにすることです。

もし不在を装ったり開封しないでいても、期限を過ぎれば債権は別会社の手に渡り、最終的には裁判ということになります。
一括で支払いを命じられて、払うゆとりがありますか?延滞による事故履歴がつくと少なくとも数年間は借りることができません。

ですから、期日に間に合わないようならその会社に連絡してください。状況を聞いたうえで、対応してくれる場合もあります。毎度のことですが、キャッシングの審査を受けるとその度に勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのですが、あれって煩わしく感じませんか。

でも、よく考えてみると顔も知らない見知らぬ他人に快くお金を貸してくれるところなんて、常識的に考えれば、まずありえないことが分かると思います。



仮にお金を無条件で貸してくれるとなれば、それはとても普通であるとは言えません。

カードローンの場合も同様です。



審査が大切なことが、分かっていただけると思います。
カードローンの決め手となる目安は千差万別であるといえるでしょう。恐らく必ず心配になるのは金利でしょうが、いざ借りる時や、返す時、手数料0円で利用できるATMの場所や、給料日の後に返済日が来るよう調整したりと自分の生活に合ったものを選べます。金利だけに気がいって、生活に支障をきたすようなカードローンにならぬよう慎重に選びましょう。
今では当たり前のことですが、その当時は誰とも顔を合わせずにデンタルローンの申し込みができる無人契約機は画期的だったと言えるでしょう。
デンタルローンというのは、利用使途が歯科治療に限られているローンの事です。

高額な治療を受けたい方におすすめのローンとなっています。
無人契約機がなかった頃には、店頭の窓口で申し込むのが典型的な方法だったからです。最近では、家に居ながらにして申し込めるようになっています。普段使っているスマホを利用してアプリを入手したら、すぐに申し込みもできますし、返済計画を立てられるのでとても便利です。

キャッシングを利用している中で多重債務を負う危険性を受けないためには、まず、しっかりした返す段取を考えてそれを実行にうつすことですが、もう一つ必要なのはある融資の返済が残っているにも関わらず新たにデンタルローンをしないという決意です。わたしたちが日々関わっている金融機関によってそれぞれ借り入れ可能な金額に違いがあり、10万円未満の小口や短期間の融資に限らず、たとえば300万円や500万円などある程度の額の融資も思いのほか手軽に受けることが可能となっています。



ネットなどで申し込みをしてから実際の融資までが早く、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでとても役立つものとして利用している人も少なくありません。借り入れしたい金融機関が発行している専用のカードを利用するという方法を大抵の人が選択するでしょう。
消費者金融は現在まで使いたいと思ったことはありませんでした。
お金を返せなかった場合にどうなってしまうのか心配だからです。さらに、延滞をしてしまった場合に、利息も含めてどういう罰則があるのか知らなかったためです。


ですから、できるだけお金には余裕を持って使うように肝に銘じています。

ローンの契約には必ず審査が必要となり、記入した勤務先に在籍確認という間違いなくそこに在籍しているか調べられます。在籍確認はそこの業者が電話で行いますが、申込をした本人が電話に出なくても問題ありません。

本人がその場にいなくとも、申告内容に間違いないと判断できれば在籍確認は終了です。最近、一定期間ならば無利息で借りることができるキャッシングサービスが増えていますが、利用条件が微妙に違うので、実際に申込手続きを取る前に時間をかけて下調べをしておきましょう。


とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点は忘れがちな点です。
なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。

デンタルローン審査に関するお役立ち情報

おすすめデンタルローン
\審査に申し込むなら/

今すぐ治療費を借りるなら